子供が早起きしすぎる!東向きの寝室は春夏の朝日に要注意

我が家の寝室は東向きにあります。

最近、東向き部屋のあるあるを体験したのでメモします。

 

子供が早起きになりすぎた

我が家はもともと朝型タイプ

我が家は家族全員朝型です。毎日6時台におきます。お休みであっても、7時すぎには起きます。目覚ましをかけなくても、目が覚めちゃうんですよね。

私は朝掃除にはまっていたころは、4~5時くらいに起きていました。

それでも苦にならないタイプです。

朝は家族全員、すっきりと目覚めていると思います。

急に子供の早起きが始まった

なぜか、5月ごろだったか、子供たちが5時に起きてくるようになったんです。

20時に寝て、5時起き。

早寝早起きでいいんですが、睡眠時間が9時間ということで、ちょっと子供にしては短いし心配。

下の子はまだ5歳なので、これだと睡眠時間が短い。睡眠時間が短いとどうしてもすぐ疲れちゃいます。

お昼寝はもうしないので、体力的にも心配です。

 

この5時起きが1週間以上つづき、ハタと気が付きました。

「朝日がまぶしいんじゃない?!」

遮光カーテンをしているんだけど。。

我が家は寝室では遮光1級の紺色のカーテンを使っています。カーテンを閉めると真っ暗になります。

でも、さすがに、カーテン端の壁との隙間にできた光は漏れてきます。ここを何かで押さえて置けばよかったのかもしれません。

光、といっても少しのことなのであまり気にしていなかったんです。でも、少しの光でもこれが目にさしこんできたら、まぶしいですよね。

よく考えると確かに東向きの部屋は日が差すのが早いんです。結構早い時間帯に、すき間から朝日がはいってきていたようです。

私たちは東向きの窓側に足を向けた恰好で寝ていたので、朝日が目にちょうど差し込んできていたようです。

shinsitsu2

子供たちの早起きが急に始まり、続くので心配になりましたが、これ以外考え付きませんでした。

寝る向きをかえてみる。北枕なんか気にしない!

早速、寝る向きを考えました。今まで窓側に足をむけて寝ていたのですが、90度変えてみました。

<今まで>

shinsitsu

窓側に足を向けています。

なので、カーテンの隙間からの光がちょうど顔にあたるんですよね。

<変更後>

shinsitsu1

窓がないコーナーがあります。少しでも暗くなるよう、その壁側を頭にしました。

窓と同じ方向に並べる形でベッドを置いたので、頭側に近いカーテンの端をしっかり押さえておけば、目に光が差し込んでくることもありません。せいぜい足元を照らすくらいです。

<結果>

次の朝、子供たちが起きたのは6時半!冬場と同じです。

ちゃんと寝てくれました。

やっぱりまぶしかったのかー!!

気づかなくってごめんね。

北枕はよくないとかわ言われますがそんなこと気にしません!それより安眠が大事ですから!

東向きマンションの特徴を実感

東向きマンションといえば、その日照が特徴です。午前に日が差し、午後は陰る。これが一般的です。

夏場は午前中からかなり明るく、気温が高くなりやすいです。一方で、冬は朝からの太陽の光の恩恵で、朝でも比較的暖かく過ごせ目覚めもいい、とされています。

 

冬場は気にならなかった明るさですが、日の出に合わせて子供たちが起きるのは困ります!成長に害がでそう。。

我が家の対策は、

  • 遮光をしっかり
  • 日光が目に入りにくい向きで寝る

です。

もし、早起きすぎるな、と心当たりがあれば、寝る向きを変えてみるといいかもしれませんよ!

 

さいごに。朝が苦手な人にはちょうどいい?!

東向きの部屋は、夏の朝は要注意、ということを実感しました。

でも、朝が苦手なタイプにはちょうどいいかもしれません!

太陽の力は偉大ですね。

 

朝日は身体に良い感じがしますよね。すっきりめざめると気持ちよく朝ごはんが食べられます。

東向きとうまく付き合いたいとおもいます。

 

ではまた(^-^)/

http://nijimama2015.yokohama/wp/condo-compas/

http://nijimama2015.yokohama/wp/curtain-choice/

http://nijimama2015.yokohama/wp/scheduled-moving/