便座裏の黄ばみと汚れを掃除しました

便座の裏って、汚れが気になりますよね。

黄ばみに気づいたときにはなかなか落ちないし。掃除のときに便座を上げるとなんかちょっと残念な気分になっちゃいます。

そこから臭う気もするし。。。

トイレ用スプレーとか、クエン酸とか試したんですが黄ばみはなかなか落ちません。

調べると、便座裏の突起部分が外れることが分かりました。

思い切って、外して掃除してみましたよ~

スポンサーリンク

便座裏の「便座クッション」を外してそうじしてみました

便座うらにの突起物は、「便座クッション」というそうです。陶器の便座に直接あたる部分なのでクッションというのかな。

これって、外れるそうです。

↓替えパーツが楽天で売られているくらいメジャーなものなんですね。頑固な汚れだったら、これを交換すれば手っ取り早いです!!これは600円程度。そんなに価格もしませんし、品番を合うやつをチェックして交換したらラクチンです~

今回は、パーツは交換せず漂白したいと思います。

でもこの便座クッション、どうやってはずせばいいんだろう。。とりあえずコレで試してみました。挟んで引っこ抜く方法にチャレンジです!

でも滑って挟めない。。。私には無理だ。。

で小さめのマイナスドライバーを使ってみました。

これを差し込んで。。ぐいっと。

外れるには外れました。

が!

本体にガリっと傷がつきました。ガーン。

もうちょっと、挟んで引っこ抜く方法を頑張ればよかった。。

そんなに目立つものではないのですが、ココから汚れが入り込みそうだな。。でもやってしまったものは仕方がありません。

小さなことは気にせず?反対側もそれで対応しました。我ながらガサツですね。

外した後、かなり、汚れてました。

ちなみにこれは汚れを拭き取った後の写真です。掃除前は汚くてお見せできませんでした。。

きっちりパーツがはまっていたとはいえ、汚れは入り込むんですね。しかも暖房便座なのでどんどん汚れがこびりついていく。。。ああ恐ろしい。

傷はついたのですがその汚れを落とせた分、満足しました。

便座クッションは色が付着していて、最初はカビキラーを試したんですが効果なし。そもそもカビじゃないからそりゃそうだ。

その後ハイターをためしました。

頑張ったんですが、色は少ししか取れなかったです。今度クエン酸を試してみようかな。安価で交換できるのが分かったので、交換もいいかも。

ぐっと元通りにパーツをはめて、完了です。心なしか臭いも減った気がします

私の方法ではちょっと乱暴で傷がつくのであまりお勧めできませんが、プライヤーを使うといいようです。

(↓プライヤー)

今回は便座クッションを掃除して使いましたが、何年かに一度とか交換したら、もっとトイレがすっきり使えそうです。

傷がついたことは家族には内緒です。。もっと丁寧にしなきゃなー。

それにしても、パーツが外れるなんて。。知らなかったあー。

ではまた(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする