部屋を広くみせたいなら、カーテン選びのコツを知らなきゃ損!

部屋がせまい!

これはどうしようもないことですよね。部屋の広さは変えられませんもの。

でも、ちょっとしたコツで、部屋を広く見せることは可能です。

目の錯覚ってやつです。

実際の部屋の広さは変わらなくても、広々と感じることはできます。

部屋の広さが変えられないなら「広く見せる」を目指しましょう

 

部屋を広く見せるカーテン選び

モノを少なくする、低い家具を選ぶ、色を統一する、などなど、部屋を広く見せるコツはいくつかあります。

部屋が狭いと感じるなら、カーテンの色選びが重要になってきます。

カーテンは部屋で大きな面積を占めますので、カーテン選びで印象を大きくかえることができますよ。

「進出色」と「後退色」で選ぶ

色には「進出色」と「後退色」という分類があります。

デザインの勉強をされた方には常識のようです。

私は最近、カーテンを選ぶときに知りました。

進出色は、前方に飛び出してくるように感じる色のことで、逆に後退色は後ろに下がって遠く感じる色のことです。

進出色は空間を狭く感じさせ、後退色は空間を広く感じさせます。

具体的には、

進出色・・・赤、澄などの暖色系

後退色・・・青、青緑、青紫などの寒色系、暗い色

 

同じ広さでも、寒色系の部屋のほうが後ろに下がって見えるので広く感じる、ということです。

カーテンを選ぶときは、後退色を選ぶとよさそうです。

柄はちいさめにする

大きな柄はアクセントになって素敵ですが、部屋を狭く感じさせるようです。

本当は、無地を選ぶのが無難なようで、柄ものがいいときは、小さな柄を選んだ方がいいようです。

ちなみに我が家は大きな柄のカーテンです(笑)

縦のラインを意識する

縦方向に柄があったり、縦のラインを強調するような柄だったりすると、目の錯覚で天井が高く見えて部屋が広く感じられるようです。

もしかして、小柄な人の服選びに似てる?

ふとおもったのがこれ。

私は小柄なのですが、洋服選びで、

ストライプなどの縦のラインを強調するといい、とか

花柄が流行してる時も「小柄な人は大柄はNG。小花柄を!」みたいなのをききましたよ!

部屋も人も、おんなじですね

そういえば、濃い色は締まって見える、とかまで一緒かも。

洋服選びがカーテン選びの参考になるかもしれませんね。

 

私の場合。失敗例と現在

私は以前、茶色のカーテンを使っていました。

遮光もできて、落ち着いていていいな、と思って。

でも、選択するときにカーテンを外してレースカーテンだけの状態にすると、なんだか部屋がすごく広くなるんです。

よくよく考えてみると、茶色ってオレンジを暗くしたもの。オレンジって進出色なんですよね。

それがわかって、次は後退色をかうぞ、と決めました。

ちなみに白は膨張色。窓部分が広がって見えるから広く感じさせてくれます。

 

結局現在は、このタイプ。

chapter01_img03

(画像はお借りしました)

黄色の進出色がありますが、縦のラインを強調しているタイプです。

ベースの色は壁と同じように白っぽくしたのですっきりです。

お店はこちら。
全200種類以上!柄が選べるオーダーカーテン cucan
私が好きな北欧柄などがたくさんあって、おすすめです。

 

さいごに。

カーテンって、一度買うとなかなか買えませんよね。

へたすると、10年選手?!

たくさん種類があるし、毎日目にするものですし、部屋の印象を左右する大切なものだと思うと、いろいろ迷ってしまいます。

こころから満足いくものに出会えるといいですね。

 

ではまた(^-^)/