ダイヤモンドパッドを購入!本当にお風呂の鏡のうろこ汚れはとれるのか?!

お風呂の鏡のウロコ汚れ。

気が付くとたまっていて(泣)。

悲しいかな、もうこすってもこすっても取れないんですよね。。

水垢には、2種類があります。

カルシウム汚れとシリカ汚れ。

>>>【関連記事】水道周りの白いカルキ掃除。水垢の落とし方のコツはクエン酸とプチ知識

カルシウム汚れはクエン酸で退治できますが、なんか取れないなーって悩んでるときはだいたいシリカ汚れです。

シリカ汚れは、家庭用の洗剤では太刀打ちできません!

じゃあどうするか?結局、研磨して落とす!!ってことになるんです。

そこで、ウロコ汚れと言えば、超有名な「ダイヤモンドパッド」。私はまだ使ったことがないのですが、思い切って購入してみました。

楽天:メール便送料無料!!【鏡・ガラス用ダイアモンドパッドS】

その結果がどうだったか、ご紹介しますね~。

ダイヤモンドパッドSについて

私が購入したのはダイヤモンドパッドSという商品。

100均(ダイソー?)にも類似品があるらしいのですが、こういう時はちゃんとしたやつを買うのが一番!

かつて壁紙を100均の商品ではがしてしまったことがあるので、正規品を買います。

(その時の記事はコチラ→ 壁紙が破れた。はがせるタイプの粘着フックで失敗

 

diamondpad1

パッケージには、

「超強力」「キズがつきづらい強力タイプ」「最強の研磨素材」「専用クレンザーや研磨剤で落としきれなかった汚れに」「実績NO.1」。。。

といったこれでもかってくらいのアピールです。なんだかすごそうー。

心が躍ります♪

中のパッドは、こんな感じ。

diamondpad2

ウレタンのようなものに、1面だけ柄が付いています。どうやらこれが人工ダイヤを使った研磨面のようです。

思った以上に小さい。

触った感じ、ちょっとふわっとしているくらいで、やすりっぽくもありません。

よっぽど細かい粒子なんですね。

ダイヤモンドパッドでお風呂の鏡のウロコ取り

簡単!ダイヤモンドパッドの使い方

以下の手順で使用します。

1.鏡の汚れをよく水洗いする

2.ダイヤモンドパッドに水を付けながら縦の向きにこする

3.ざらざらという触感がなくなってきたらOK

4.研磨した面をよく水洗いして、からぶきする

5.パッドは使用後よく水洗いして乾燥させて保管

ウロコ落とし!に挑戦します。

分かりやすいように、黒っぽい布を反射させてます。こんな感じでウロコ汚れがついています。

<BEFORE>

diamondpad3

光が反射するとこんな感じ。

曇ってます。

diamondpad4

 

ダイヤモンドパッドに水をつけて鏡をこすっていきます。すると。。

ジャリジャリと音がします!

えーなにー?!不思議な感じです。

ウロコ汚れが削られてるんですね。この感触がなくなるまでこする、と。。

ほんとだ!

途中からジャリジャリがなくなります。

比べてみます!

<AFTER>

diamondpad9

ライトの反射をみると。

ピッカーン!!

diamondpad6

ダイヤモンドパッドで磨いたところは、くもりがない!おちてます。

ほんと、

キレイにおちました!すばらしい!

仕上げは、曇り止めをしよう!

せっかくウロコ汚れをおとしたら、今度は汚れが付かないようにメンテしましょう。

くもり止めリキッドを使用します。ちゃんと、浴室ミラー用を準備しました!!

diamondpad7

端から塗っていくだけ。

いったん乾かして水をかけたら完了。

diamondpad8

これで水をはじいてくれるので、水垢が付きにくくなります!

ダイヤモンドパッドを使った感想

鏡に傷はついてないの?

よおーく、よーくみると。。。

いくつかうっすら線が付いているような気がします。

でも、そんなの近づいて探さないと見えません

ウロコ汚れがあるのとどっちがいいか、って言ったら聞くまでもないハナシですよ!!

全く問題なしです。

結構時間がかかる

ウロコ落としは力はいらず楽ちんなのですが、パッドが小さいので、丁寧にこすっていくと時間がかかります。

ウロコ落としは時間に余裕がある日がおすすめです。

やり始めると、無心になって、ちょっと楽しいです。

意外にお得!繰り返し使える

パッド部分がへたれるまで、繰り返し使えるようです。

本来は、あまり使わずに済むよう、日々手入れをしたほうがいいんですが。。

注意点

キズがつく(目立つ)ことがあるようなので、支障がないところで試してからやりましょう。

また、汚れがあまりに古いものだったりすると、汚れが落ちにくいようです。

 

さいごに。くもり止めをして、日々の手入れをしたい

今回、ダイヤモンドパッドできれいに鏡のウロコ汚れを落とすことができました。ジャリジャリを落とすのが楽しい~。実家の鏡もきれいにしたい~!!

と大満足です。

でも、ウロコ汚れになるまで放っておいたことは反省してます。。

やっぱり、日々、掃除して手入れをしていかないといけませんね。

研磨の時間がもったいないし、キズがつくかもしれないし、汚れがおちないかもしれません。

くもり止めをぬったり、スクイージーで水気を都度取ったり。

そんな日々のメンテを、これからしていきたいと思います!!

 

ではまた(^-^)/