床暖房の便利な使い方とガス代の節約

我が家はガス温水床暖房が付いています。

IMG_0816

このタイプ。

床暖房っていいですよね~。最近は、ほぼ毎日、起きている間はずっとつけています。

となると、気になるのはガス料金のこと。

上手に使いこなして、簡単に節約できるといいなー!

先日、東京ガスの方が点検に来ていただいたときに、浴室乾燥暖房機のミスティについて教えていただいたのですが、床暖房についてもいろいろ耳寄り情報を教えてくださいました。

 

もしかすると、すごーく当たりまえのことかもしれませんが、私のようなタイプの方のためにシェアします☆

 

知らなかった。床暖房の温度センサーの位置と温度設定

床暖房に、温度設定がありますよね。

我が家のコントローラーは、数字で温度設定するのではなく、棒グラフのようなメモリ?バーで設定します。

9段階の温度設定ができます。

いつも大体、3つめくらいのメモリに設定しています。寒いと温度を上げ、熱いと下げてます。

yukadan

そもそも、床暖房の温度設定ってどうなっているの?

温度設定ですが、これってなんの温度でしょう?そこから不明です。

私は、床暖房の下の、温水の温度かな?と思ってました(恥)

温度設定は、室温の温度でした。当たり前かぁ。。

自動運転のとき、リモコンの室温センサーが室温を感知して、部屋を設定された温度レベルに保つようです。

(ただし、「強・中・弱モード運転」のときは、室温関係なく、それぞれ強・中・弱の一定の能力での運転になります)

リモコンの室温センサーって?!

意識したことがありませんでした!

室温を感知するのなら、センサーがあって当然です。

場所は、、、

ここでした。

IMG_0817

リモコン(コントロールパネル)の下部分。ここで室内の温度を見ているそうです。

 

我が家の場合は、リモコンが廊下近くにあります。(おうちによっては、リビングのすぐ近くにあったりするようです。)

そのため、実際床暖房を使っているリビングに比べてリモコンの周りの室温は低くなっています。

なので、リモコン周りの温度設定が18度くらいでも、実際に床暖房を入れている部屋は22度くらいになり、ちょうどいいみたいです。

また、温度設定がメモリ表示なのですが、ちょうど真ん中が22度だそうで、1メモリ上がったり下がったりするごとに2度変わるそうです

知りませんでした~

1年近くになりますが、家の設備について知らないもんですね~

 

床暖房の運転時のポイント

パワフル運転を上手に使う

機種によって違うと思いますが、我が家のタイプでは、立ち上がりを早くするための「パワフル運転」という機能があります。

yukadan

スイッチをいれると、まず自動的にパワフル運転モードがスタートし、約30分~1時間最大能力で運転します。その後、自動的に通常運転になります。

東京ガスさんにもらったパンフによると、パワフル運転で一気に部屋の温度を上げても、パワフル運転を切って徐々に部屋を温めても、ランニングコストは変わらないようです。

点検の方もおっしゃってましたが、もったいないからといってパワフル運転を解除しがちですが、結局ガス代の節約にはならず、部屋の暖まりが遅くなりかえってもったいない、とのことでした。

一気にガスを使ってその後は少量で使用するか、そこそこのガス量を長く使うか。

だったら、早く暖めた方がいいですね。

パワフル運転はぜひ利用しましょう!

 

お得に使うために

運転スイッチは、こまめにつけたり消したりしない!!

これ、大事です!!

目安ですが、1時間あたりのコストは、

  • 立ち上がり時 47円
  • 安定時    10円

だそうてす。

(出典:東京ガス パンフレット「ガス温水床暖房 上手な使い方」
*ただし、機種や部屋の大きさ、壁や床の材質によって違います。あくまで目安、です)

スタート時にコストがかかるので、スイッチのオンオフは繰り返さない方がよさそうです

電化製品と同じですね~電化製品もスイッチオンのときに、やたら電気をつかいますもんね~。

早めにスイッチオフしよう

床暖房の温水は、運転スイッチを切ってもすぐには冷めません!お湯ですもんね。

なので、外出や寝るときの直前ではなく少し前、30分位前に切っても充分暖かさが続くそうてす。

カーペットやラグを敷かない

我が家ではできいないけど、こんなのも省エネです。

床暖房は床が温まってその熱で部屋をあたためます。

カーペットやラグを敷いていると、その分熱が空気中に伝わりにくくなります。

 

我が家ではラグを敷いていますが、防音対策の部分が大きいので、ラグなしはちょっと無理そうです。

でもラグなしだとすぐ部屋が暖まりそうですね~

 

最後に

普通なら、当然のこと、知っていることばっかりだったかもしれません。。

私はまだまだ設備を上手に使いこなしていないし、ましてや節約なんてできていないので、手軽に便利にエコ・節約できるようがんばります!☆

 

ではまた(^-^)/