子どもの地球儀デビューにおすすめ!ビーチボール型の本格地球儀をクチコミ

最近、世界の国や地理に興味があるわが子。オリンピックの影響?

我が家には世界地図がなく、もちろん地球儀もなく。

いちいちネットで調べて説明していたのですがそろそろ限界です。

昔ながらのベーシックな地球儀にしようと思っていたのですが、今風?の素敵な地球儀をみつけたのでご紹介です。

斬新。空気を入れてふくらませる地球儀

私が購入したのはこちらの「グローブボール」というもの。

アマゾン:空気でふくらむ風船地球儀 グローブボール(行政)

商品情報

  • 価格 2500円くらい
  • サイズ  球径 32cm
  • 材質  ビニール
  • 国別色分け
  • 日英文併記
  • 固定用の小皿付き

箱裏に特長が書いています。

  • ビーチボールタイプ(ビニール素材)の地球儀です
  • 手軽に持ち運びができ、使用しないときは小さくたためます
  • 球径が大きいので、地図も大きく見やすいです
  • 表記は英語と日本語併記になります
  • 情報量は本格的な地球儀と比較してもそん色はありません

globeball6

グローブボールのクチコミ

膨らませると、こんな感じです。まさに地球儀のようなビーチボール。

globeball1

空気の入れ口はこんな感じ。

globeball3

底は二重になっていて補強されています。

globeball4

植木鉢の水受けのような固定皿もついています。

この上におくと、転がりません。安定します。

globeball5

ちょっと詳しく見てみます。

英語と日本語の併記になっています。

日本は札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、鹿児島、福岡が記載されています。

globeball2

世界の有名な河川、山などの名前も記載されていて、ほんと地球儀です。

また、南極付近に、日本からの時差が記載されています。

globeball7

実際に使ってみた感想

とってもいいです!特に年長、低学年~中学年のお子さんにおすすめ。

良かった点

  • 軽くて扱いやすい
  • 十分の大きさ(32cm)
  • 地図が精巧です。普段使いには十分
  • 好きな場所で見られる
  • ビニールが意外に頑丈で、多少雑に扱っても大丈夫そう
  • 使わないときは、コンパクトになる
  • 地図が更新されたら、買い替えしやすい

一番良かった点は、手軽なこと。中身が空気なので、軽くって子供が持ちやすい多少雑に扱っても気にならないです。

ビニール製なので、お風呂で使うというクチコミもありました。

我が家では、定番ですが(笑)、◯◯どこだ?ときいて、国を探す遊びもしました。

子どもたちがよく聞くヨーロッパ、アフリカ、アメリカと日本の位置関係もこれではじめて分かったようです。

手に持ちながら、子供と国や地球の話をしたり、日付や時差の話、地球の自転や太陽との関係など、話は広がります。

この国はここにあるのか、この国の首都はここかあ、など大人が見入ってしまいます。

子ども以来でしょうか?久々に見る地球儀は楽しいです☆

いまいちな点

  • 強度が心配

現時点では大丈夫ですが、数か月後空気が抜けたりしないかなど、ちょっと心配です。

さいごに

意外と、購入の後押しになったのが、片付けやすい・処分しやすいという点。

あまり使わないけどたまーに使う、って場合にコンパクトになるのはうれしいです!!折りたためるというのはいいですねー!

あと、処分の点から。

地球儀って情報が古くなったり、見なくて邪魔になって要らないと思っても、なぜか処分しにくい。

台座がしっかりある地球儀って、もしこのグローブボールと同じ値段だったとしてもなかなか捨てにくいと思うんです。。かさばるのに。

気持ち的に買い替えがしやすいという点も、とってもいいと思います。

 

ではまた(^-^)/