小2の反抗期。夜更かししたがる→ちょっと前進。試した方法とは?

我が家には、小2の男の子がいます。

中間反抗期と呼ばれるアレなのか、反抗がすごいです。

にじこ

毎日戦いです

息子はというと、

・すぐ暴言を吐く。

・にくにくしい顔つきで威嚇する。

・大声で怒鳴る。

・規則正しい生活の全く逆をやりたがります。

なのに、

・外では優等生

・暴言を吐くのに、べたべた甘えてくる

 

という状態です。

特に私とお姉ちゃんに対してひどい。だいぶナメてます。

小1の後半から少しずつ反抗期のような症状があったのですが、

2年生になってからひどくなりました。

 

特に気になるのが、生活態度。

以前はテレビは19時まで、就寝20時、としていたのですが、放っておくと全く寝ようとしません。

23時でも起きていることもありました。

歯磨きもやりたがらない。

お風呂も入らない。

 

反抗といっても、

本人にとって何ひとつメリットがないやり方なので、私にはまったく理解できない!

そんなこんなで日々イライラ・・・

 

そんな反抗期ですが、少しおさまってきた気がしますので、振り返ってみます。

中間反抗期にふりまわされる

8歳の反抗期に手を焼く。ガミガミをやめて、距離をとってみた

以前は20時就寝でした。

反抗がひどくなってから、いったん突き放してみました。

【関連記事】8歳のイライラは中間反抗期?!低学年の反抗期に苦戦中

このころは、私はかなり疲れ果てていて「どうしたらいいの?」という迷路の中にいました。

そして決めたのが、「距離をとる」です。つまり、イラっとする行動に反応しないよう気を付ける。

・子どもと心理的な距離をとる。

・親の役目は「自立させること」と理解する

でした。

 

たとえば、以前歯磨きについて書きましたが、

子どもが全く歯磨きするそぶりがないとき、

「ちゃんと歯をみがくんだよー」と一言いったりはしますが、実際に磨くかどうかは本人に任せます。

つまり、歯磨きしてないのが分かっていても、もうあまり言わないし気にしないようしました。

 

イライラしている時期に言っても、かえってやらないと思います。

虫歯になっても、本人の問題です。

そんな風に、距離をとるようにしました。

 

で、就寝時間。

以前は20時就寝でしたが、全く守らない。

なぜか徹夜したいというし。

でも、しばらく何も言わないことにしました。

 

・子供の成長にとって睡眠が大事だということ、

・睡眠時間が少ないとますますイライラするよ、

・2年生の今は勉強よりも生活リズムを身に付けることが大事なんだよ

など、いろいろ睡眠時間が大切だということを伝えたうえで、

・しばらくは睡眠時間が守れなくても何も言わない。

・自分で生活を正すことを待っている

・でも、しばらく待っても変わらなければ、話し合いをしよう

 

としました。

・・・

で、様子を見、結局1か月間、我慢しました。

私自身が時間を守りたい方なので、見て見ぬふりをするような1か月間はかなりきつかったです。

でも、私なりに

この子の人生はこの子のモノ。

そう言い聞かせて我慢しました。

放置後1か月。改善しないので話し合いをした

そして1か月。

その間は、大体22時~23時くらいに寝る生活でした。

子どもって、疲れたら眠くなると思ってたのですが、案外そうでもないんですね。。(涙)

 

このままでいいとは思えません。

睡眠不足のせいか、ごはんも食べなかったり、学校もぎりぎり。

今までちゃんと出来てたことがどんどん減り、すべてにルーズになってきています。

結局、話し合いをすることにしました。

 

私「1か月間待ったけど、どうだった?」

息子「夜更かしできて、楽しかった」

 

・・・「楽しかった」ですと?!

意味不明です。お母さんを悲しませた、とかないんかい!!

 

ですが、

私「お母さん、ずいぶんあなたのやりたいようにさせてきたけど、でも、そろそろ生活習慣を見直すころだよね。」

息子「フン。やりたいようにやってない」

 

と言われ、カッチーンときましたよ。

 

私は、つとめて冷静に、

「家族といえども、他人なの。思う通りにはならない。

一緒に生活するってことは、協力しながら生きていくんだよ。

みんなが譲り合って大切にしあっていかないと。

自分のしたいように生きていくなら、よそでどうぞ。

我が家の最低限のルールが守れない、自分勝手に生きていくんだったら、もう一緒には暮らせません。」

と伝えました。

 

今まであまーくあまーく、大目に見ていたので、結構こたえたかも。

でも、もう譲れないことは譲れない

このまま、子供の好き勝手を許すことは、

私が子育てを放棄することと同じだと思ってかなり強く言いました。

 

この時は、いっぱいいっぱいだったので、

本当に子育てやめてもいい、と思ってたんです。

 

 

で、結局

息子「夏休みが始まったら、ちゃんとする」

となりました。

何か区切りがほしかったのか、「夏休みが始まったら」だそうです。

 

その後1か月、どうなったかというと・・・

 

20時半~21時半には就寝するようになりました。

反抗期まえほど早くはないですが、そこは別にいいんです。

いまだに、「寝たくない」とは言いますが、以前のような強い反抗は減りました。

私があらたに始めたこと

子どもの態度が変わり、さらに私も変わりました。

頭ごなしにガミガミいうことは減ったと思います。

あと、ほめることが増えたかも。

 

そして新たに始めたのは、

  1. 子どもが寝るときは、親も寝室に行く
  2. 次の日が休みの時は、かなり大目に見る

です。

子供部屋はリビングにつながっているのですが、

子どもが寝た後は、リビングから離れることにしました。

 

「おやすみ~」といった後は、私も別の部屋に移動するんです。

 

親が楽しくテレビを見たりおしゃべりしているのに、

自分だけ部屋で寝なさい、って言われても釈然としないだろうな、と思って。

気配を感じると眠りづらいだろうし。

なので、子どもが寝る前に、なるべくキッチンの洗い物などを済ませるように心がけるようになりました。

洗濯ものも寝室に取り込み、たたむようにしました。

 

あと、お休みの前の日の夜更かしは目をつむるようにしました。

一応、「もう寝る時間だよ」とはいうものの、あまりしつこくは言いません。

ちょっと気を許すと22時、ってこともありますが、

そこは見逃すかんじで。

私も免疫がついてきたのかな。。

 

夜更かしが少し改善したのは、

  • 時間が解決した
  • 自分の思う通りやって、少しすっきりした
  • 夜更かしに飽きた
  • 怒られたから

といろんな理由があると思いますが、とりあえずホッとしています。

 

反抗期が成長に伴うものだとしたら、

いつかきっと落ち着くはず。

 

引き続き、口を出しすぎないよう、頑張ります。

 

ではまた(^^)/