子連れで花見に行くときの持ち物と注意すること

あたたかくなってきましたね。

そろそろ、花見にいい季節です。今年はどこに行こうかな。

花見をするなら、近場のきれいなところ?それとも、桜の名所で有名なところ?

子連れならではの注意点があります!私が花見の時に気を付けている点などをお伝えします。

準備をして、さらに花見を楽しみましょう。

 

子連れ花見の場所選び

人が多すぎない場所を選ぼう

大人の花見ですと人が多くても問題ない場合も子連れだとそういってられません。

お花見だと、お酒を飲む人が多いですよね。酔っ払いが騒いでいたりする場所だと子供にふさわしくないですし、大きな声が聞こえるとせっかくのお花見が楽しめません。

また、シートが敷き詰めらていれているような人の多い場所だと、おちつかないですよね。隣の声が聞こえたりするとお互い気になっちゃうし。

歩きはじめの子供だったりすると、周りに迷惑にならないか目を離すことができませんので、「今日は疲れた~」という感想で終わっちゃいます。

近場か移動が楽なところを選ぼう

子供はちょっとした移動も疲れます。

「頑張って行く」というレベルの場所は避けた方がいいとおもいます!

花見で疲れた後、「帰ってくる」というのがかなり体力を使うということをお忘れなく!移動に体力を使うところは避けた方がいいいでしょう。

なるべく、近場か交通の便がいいところを選びましょう!

桜のほかに楽しめる場所を選ぼう

大人は桜を見ておしゃべりをして楽しめますが、子供はすぐに飽きちゃいます。

そんなとき、花見以外に楽しめないと「ねぇーもう帰ろうよー」となります!

遊具がある場所、走ったり遊べる場所、ボールなど持ち込んで遊べる場所を選ぶといいと思います。

花見をしてお弁当を食べて飽きたら、近くの公園に移動するなどしてもいいかもしれませんね!

トイレがあるところ

子供は突然トイレに行きたくなりますよね。花見の場所にトイレがあるかどうか確認しましょう。また人気の場所だとトイレに行列、ということも。あらかじめチェックしておいた方がいいですよ。

 

持っていくもの

花見のときに、我が家が持っていくものを紹介します。

厚手のレジャーシート、クッション

地べただと冷たいです。薄手のレジャーシートだと、座っていると冷えてくるので厚手の方がおすすめです。

我が家のはこれです。厚手で、裏が防水素材なところがおすすめ!。

150×200なので広々と座れるし、コンパクトにたためてしかもの持ち手がが付いていて運べるので使いやすいです。

もう5年以上使っていますが全然問題なく使えますよ!

起毛素材であったかいと思います。ただ、起毛素材は芝など枯れ葉はくっついてとれにくくなりますが(笑)

また、折りたたみクッションがあるといいですよ!

いくらシートを敷いていても冷えてきます。折りたたみクッションがあると、お腹が冷えないので安心!我が家はサッカー観戦にも使っています。

こんなものまで送料無料ってアマゾンすごい。。

お弁当、飲み物

持っていくことも、近くで買うことも。どちらも楽しいですよね。出店が出ているところもありますが、人がおおくて買えないことも。

コンビニもあまり近場すぎると商品がなかったりしますので、ご注意ください。

紙コップ、紙皿、割りばし、ウェットティッシュ

家族で行くときも、あると便利です。手洗い場が近くになかったりするのでウェットティッシュは必須です。

紙コップは砂場遊びに使われたりしますが。。

おりたたみテーブル

折りたたみテーブルは、あるとほんと便利です!

下に食べ物や飲み物を置くと、子供がすぐに倒しちゃいます。

テーブルがあると、清潔ですしなにより安全!おちついてご飯がたのしめますよ~

 

我が家のは、すごくコンパクトになるタイプ。

パタパタと折りたためて、ほんとコンパクトになるので、持ち運び便利です。アルミ製だから軽いです!おすすめ~

 

ほかは、こんなのもよさそうです!カラフルだしファミリーのサイズにちょうどよさそう。

日傘か帽子があればうれしい

いつも、持って来ればよかった、と後悔します。

「天気がいいからお花見に行こう」って思うくらいなんですもん。その天気、あとあと肌にささってきますよ~

 

さいごに。大人も子供たのしめますように

いろいろおすすめを書いちゃいました。

でも、荷物が多いとそれはそれで大変ですので、持っていきすぎも注意ですよね(汗)

大人も子供も楽しい花見になるといいですね!

 

ではまた(^-^)/