雑巾がけの代わりに便利なモップ

我が家は子どもたちが食べこぼしをしたり、汚い足でうろうろしたりするので床がすぐに汚れます。

特にダイニングテーブル、廊下なんかはすぐ汚れてしまいます。

雑巾がけは毎日ではないものの、こまめにしないといけなくてちょっとでも楽にならないかなー、と便利そうなモップを購入しましたよ~

スコッチブライト マイクロファイバーモップ

我が家が購入したのはこちら。

スコッチブライトのからぶき・水拭きどちらも対応しているモップです。


スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J

スコッチブライトって、お掃除まわりの商品、いっぱいあります!キッチンスポンジとか水回りのものに強そうな印象です。

購入した理由

よさそう!って思ったポイントは4つです。

1.挟む部分が折り返すようになっていて、クロスがよれにくそう

2.値段が手ごろ(失敗してもあきらめらがつく)。購入時、アマゾンで1600円くらいでした。

3.持ち手ハンドルが頑丈そう、ごしごしこすれそう

4.専用布が使いやすそう

こんな感じ

ちょっとびっくりしたのは、パッケージからヘッドの回転部分?が飛び出ています。お店で売りにくそう・・?

取り出してみると、モップヘッド、ハンドル、(ごみかき取り用)クシ、クロスが入ってます。

クシがついていたのですが、私はあまり使っていません。。

クロスがいい感じ

マイクロファイバーでフワフワしてます。厚みがあって使いやすそう。細かい埃にもキャッチできそうです。

マイクロファイバーじゃない側(取り付け側)はこんな感じ。

ハートの切れ目のようなほうにモップヘッドを差し込みます。回転部分があるので、邪魔にならないようにこんな形状になってるんですねー。

モップヘッドの上部はフラップ状になっています。

モップのフラップ部分をクロスの上部に差し込みます。

折り返して、ぎゅっと押せばがっちり固定されます。固いのでちょっと力が必要。

ハンドルを差し込んで完成。

ハンドル長さが調節できるようになっていて、74~123cmまで調節できます。

ちなみに私が購入した時には、おまけの水拭き用ミストもついていました。

感想

ごしごし拭き用として使っていますが、なかなかいいです!

ハンドルはがっしりしているし、クロスがとてもいいいです。腰を入れて、ごしごしいけます。

スプレー併用がおすすめ

ただ、やっぱり水拭きにすると、水拭きならではの抵抗というかひっかかり?重さがあります。なので、私はクロス自体はぬらさずに、スプレーをシュシュッとしたあとに拭き上げして使っています。

汚れが気になる箇所はスプレー多めにして。

ホコリも汚れもすっきり落ちます。

ヘッドが大きいので時短

通常のフロアモップと比較して、ヘッド部分が大きいです。

なので、ガッッと掃除できます。ちょっとしたことですが、うれしいです~

注意。市販の替えシートは使えない

私はてっきり市販のフロアワイパーの替えシートがつけられると思っていたのですが、ヘッドの形状が違っていて取り付け不可でした。

↓見てもらうとわかる通り、挟む部分が上部しかありません。シートが固定できません。幅も長さも違いますし、無理だなー。

 

現在購入して2か月ほどですが、使用頻度高いです。クロスはまったくヘタレず丈夫です。

雑巾がけが面倒、って方は一度おためしください。

ではまた(^-^)/