小学4年生はパワーポイントを使えるという事実。親ができない(涙)

パソコンは結構好きだけど、

パワーポイントは全く分からないにじこです。

 

先日小4の娘が学校から帰ってくるなり、

「今日さー、学校で、パワーポイントで資料作ったんだよ!!」

というのです。

小学生がパワーポイントですか!!!

どうやら、クラスの係ごとに、それぞれがどんなことをやっているかの紹介資料を作ったみたい。

学校で、ほかの係のグループに「プレゼン」するために、「パワーポイント」で資料を作ったらしい

ってことですよ!スライドショー。

 

もう、時代はそこまで来てるんですね。

 

にじこ

へぇー!すごーい!

と素直にびっくりしました。

 

すると、娘が家でもパワーポイントを使いたいというのです。

私のPCにはパワーポイントが入っているので、使わせたところ。。。

 

1時間しないうちに、プレゼン資料を作りました。

・・・スゴイですね!

作った資料は、

「〇〇に連れてって」

という、おねだりものでした(笑)

でも、合計5ページで構成されていて、写真やアニメーションも入れて作成しているんです。

 

表紙「〇〇に連れてって」

から始まり、1~3ページ目には行きたい・行くべき理由が記載され、

(↑字が動いたり、絵が回転したり。)

最終ページは

「だから連れてって♡」

で締めくくられていました。

 

いまどきの小学生ってすごい。。。

と感心していたところ。

 

小学2年生の息子まで「オレ(最近なぜか俺という・・・)もやる!」

と言い出しました。

「お母さん、パワーポイント分かんないよー」

というのですが、お姉ちゃんに聞きながら適当に始めたところ、それっぽく仕上がりましたよ。

今どきの子どもって、デジタル系の吸収力がものすごい!!と実感しましたよー。

 

そういえば、うちの子どもたちは、キーボードの入力は以前ゲーム感覚で練習していたから、だいたい打てるんだった。。

【関連記事】小学生のタイピング練習!初心者は無料ゲームでキーボート配置を覚えよう

何がいつ役に立つかなんてわからないもんですねー。

ついでに、

簡単に、ワード、エクセルといったオフィスソフトについても説明しました。

エクセルは、SUMやAverageで興奮してましたよ。

「本当にできてるか確かめる」といって、いろいろ計算してました。

 

それにしても、すぐに習得しちゃうんですね。

まだ4年生、と思っていましたが、できるもんです。

親なんか、すぐに抜かされちゃいそう。

こういった技術はあくまでもツールですから、早めに習得しとくと楽になりそう。

これから調べものも、どんどんさせようかな。

 

パソコンを使わせる中で、改めて「新しい技術」について考えちゃいました。

なにかというと。。

 

SNS。

 

私は、インスタもツイッターもフェイスブックもやってません。それでいいと思ってたんですが、

このままだと子どもたちがやっていることが、全く理解できない親になっちゃうかも

という不安が突如わいてきました。

 

子どもたちのコミュニケーションツールは、やっぱり理解しといた方がいいかなぁ。

何かあったときに、対処がおくれるよなぁ。。。

という心配ももちろんですが、

何よりも、私自身、

いろんな新しいことにも取り組まないといけないと思ったのでした。

 

ではまた(^^)/