バスマットsoilの手入れ方法と1年後レビュー。紙ヤスリで表面を削って吸水力復活!

我が家は、バスマットに珪藻土のsoilを使っています。

とっても便利なんですが、使用していると徐々に吸水力が落ちてきます。大体半年くらいであれ?ってなってきます。

9か月くらい使用した時に、手入れをして、復活させたました。

↓その時の記事です

http://nijimama2015.yokohama/wp/bathmat/

それからまた4、5か月たち、また吸水が悪くなってきました。そろそろ、お手入れします。

といっても簡単だし、ちょっと気持ちいいですよ!

soilのお手入れと、1年超たった今のレビューをメモします。

soilについて

ずいぶん知名度が高くなりました!

珪藻土でできたバスマットです。今は類似品もありますが、やっぱりsoilがいいですね!

吸水性の高い自然素材「珪藻土」が足裏の水分を素早く吸い取ります。

その「珪藻土」を圧縮形成し、高い吸水性を可能にしました。まさに水分がマットに吸い付くような感覚。すぐにサラサラ快適な足裏になります。

1年超たった時点のレビュー

soilを使い始めて、現在1年3か月ほど。旅行の時以外は、毎日使っています。

ちなみに我が家は4人家族。4人分のバスマットとして大活躍しています。

一度、紙やすりで手入れはしましたが、だいぶ、どんよりと汚れ、吸水がわるくなってきました。

かたちは、反ってきて、端がちょっと浮き上がった状態です。

とはいえ、まだ問題なく使えるかな、というレベルです。

吸水力が落ちる原因

簡単に言うと、目詰まりです。

soilバスマットの吸水をしている細かい目(穴のようなもの)に皮脂や埃などが詰まっているようです。

なので、サンドペーパーで削れば、皮脂よごれなどがはがれ、吸水力が復活します。

soilを手入れします

どれくらい目詰まりしているか?

我が家のsoil。

1年3か月ほど使っていますので、当然表面が薄汚れています。吸水力も落ちています。

どれくらい吸水力が落ちたか見てみます。

soil-1year

水をかけてみます。

soil-m1

 

こんな風に、水が表面にしばらく残ります。ということは吸水できてないということ。

soil-m2

 

普段使わない端っこ部分と比較してみます。

下の端っこ部分に水をかけてみました。後から水をかけたのに、下の方が吸水しています。真ん中部分はまだ水がのこってsoilに入っていきません。

soil-m3

やっぱり普段使っている真ん中部分は吸水力が落ちていると実感します。

汚れてるし。この部分を中心にメンテナンスしていきます。

メンテナンスします!用意するもの

  • サンドペーパー
  • 積み木などの台になるもの

soil-maintenance

前回と同じセットです。

紙やすりはまた家具メンテナンス用の紙やすりの320番というモノを使っています。

メンテナンスのやり方

普段つかっている部分を中心に(真ん中らへん)、左から右へと一方方向に紙やすりで表面を削る。

それだけです。

積み木など台になるものに、サンドペーパーをぐるっと巻き付けて使えば、削りやすいですよ!

soil-sandpaper

削った結果

soil-dust

こんなに削りかすが出てきます。砂です。皮脂汚れを含んだ砂。

これを捨てて、表面をさっと拭けば、メンテナンス終了です。

簡単ですよね!

これで、吸水力は復活しましたよ!!

また、お風呂上りに気持ちいいバスマットを楽しめます!

 

さいごに。soilの耐久は2年くらい?

メンテナンスは3~4か月に一回するとずっと吸水力が保てそうです。

でも、削ればその分、soil自体が薄くなっていくんですよね。。確実に。

我が家は4人家族なので、どれくらいの薄さで耐えられるのか?疑問です。

そう思うと、やっぱり2年くらいで交換なのかなぁー。と思っています。

 

とっても気に入ってるので我が家は2年しか使えなくてもリピートします。

またレビューします。

 

ではまた(^-^)/

毎日使うので、軽くて扱いやすいライトがおすすめです!

 

 

あわせてよみたい関連記事

http://nijimama2015.yokohama/wp/bathmat/

http://nijimama2015.yokohama/wp/shinchiku-iwai-soil/

http://nijimama2015.yokohama/wp/wall/