ふるさと納税~高知県田野町のあまーいとうもろこし

ふるさと納税、初のトウモロコシです。

とうもろこしは北海道のイメージでしたが、とっても美味しそうな高知県田野町に申し込みしました。

高知県田野町について

田野町は、高知市から東へ55キロほどすすんだところ。総面積が四国で一番小さな町だそうです。ふるさと納税で人気の奈半利町のすぐ横です。

そんな小さな町なのに総理大臣を輩出していたりします。土佐は歴史を学ぶとおもしろそうですねー。

こだわりのスイートコーン「おひさまコーン」8本

私が申し込みしたのは「おひさまコーン」8本入りです。寄付金額は5,000円です。

「おひさまコーン」っていう名前がかわいいですよねー。

高知県特有の暖かい気候と、日照時間の長さで、日光をいっぱいに浴びたコーンは糖度が高くなります。

さらに、

週2回アミノ酸を葉面散布することにより光合成を活発にさせ、糖度の高いコーンを栽培しています。
1本の木から一本のコーンだけを育てることにより栄養分を凝縮させています。

そしてさらに!

まずは、生のままでご賞味ください。

です。

生のまま食べたーい!とおもいさっそく申し込み。

とうもろこしは収穫時期が限られているので、申し込みのタイミングが大切~!うっかりすると時期を逃しちゃいます。。

クール便で到着!新鮮なトウモロコシ

5月末に申し込んで、6/20に到着です。チルド便にて。

こんなふうに、縦にトウモロコシが入っています。

サイズは一般的。

みためはふつう。。。?おいしそうな鮮やかな黄色です。最近よく見かけるホワイトとかではありません。

食べてみます!

同封されていた用紙によると、美味しくコーンを食べるには、

1位 炭火で焼く
2位 レンジでチン
3位 茹でる
番外 生のまま

だそうです。

まずは、生のままいただきました。なかなかそんな機会ないですし。

洗って、かじる。それだけ。生食は昔、高原に行ったときに生のとうもろこしを食べたとき以来です。

感想は、まず「あまーい!!」です。新鮮でみずみずしい!とってもジューシーです。

すごく甘くて、フルーツみたい。

幼稚園児の長男は端っこのほうがにがい、と言ってましたが私にはわかりませんでした。。

生で食べた後は、レンジでチンしていただきます。

我が家はトウモロコシは大体レンチンで食べます。

1本ずつラップにくるんで、1本につき、600Wで3分です。以前農家の方に教えてもらった方法です。

3分たつと、熱々ゆでとうもろこしの出来上がり!です。

冷まして食べました!

鮮やかな黄色です。

アップ。粒がつやつやしています。おいしそうー。

レンジでチンしたとうもろこしもあまーい!!

普段スーパーで買うものとは甘さが違います。甘いっ!

あまり、歯に挟まらないかも?柔らかいのかな。

 

いつもスーパーで安い時を狙ってとうもろこしを買っているのですが。。

ちょっといいトウモロコシは違いますね!

またお願いしたいです。

 

ではまた(^-^)/