子供に楽しく掃除を教えよう~子供のトイレ掃除デビュー

子供に掃除や片付けを教えるのって難しいですよね。

でも、ちょっとずつ、母親である私が教えていかないといけない。。

そんな教えるのが難しい片付けや掃除ですが、ちょっとしたコツで楽しく親子でできますよ!

今回はトイレ掃除編です。

親子で掃除ライフを楽しみましょう。

我が家のトイレ掃除

我が家のトイレ掃除は、

  • 毎日の簡単掃除
  • 週1回の念入り掃除

です。

毎日の掃除では、便座・便器周り、床を掃除しています。

週1回の掃除では、便器の中、手洗い部分、壁を掃除しています。

最近、週1回の念入り掃除の方法を変えたのに合わせて、子供たちが手伝うようになりました。

(掃除方法を変えたときの記事はこちら)

http://nijimama2015.yokohama/toilet-brash-away/

子供のトイレ掃除デビューとトイレ掃除をさせるときの6つのポイント

最近、我が家の幼稚園児がトイレ掃除をデビューしたのでその時の話と気を付けた点をお話しします。

子供にトイレ掃除させるときのポイント

私が子供にトイレ掃除をさせるときのポイントは以下5つでした。

1.楽しく掃除する、興味を持たせる

我が家の場合は、私が掃除しているときに「やってみたい!」と言い出しました。

私は使い捨てブラシを使って掃除していますが、そのブラシの洗剤が染み出てくる様子がおもしろそうだったようです。

やりたい!といったときがチャンスです。

2.スタート時はすでにきれいな状態から。子供が掃除する用に一部分だけを残しておく

子供に掃除させるといっても、トイレはばい菌が多いし気になりますね。

なので私はいったん私が掃除して、ある程度きれいな状態で一部分だけ掃除をやり残した状態で子供にバトンタッチします。

3.説明したら、あとは子供に任せる

ついつい、あーしてこーして、と言いたくなりますが、あまり言いすぎるのはやる気をそいでしまうので、良くないです。

掃除のやり方を説明したら、あとは子供にさせてみるのがいいですよ。

4.子供がキレイにすることを期待し過ぎない

まだまだ掃除に慣れていません。

自分がするようにピカピカに掃除できるなんて思ってはいけませんよ!

掃除をすること自体を楽しくさせるためには、あらさがしはしないこと。できた部分をほめましょう。

5.簡単ですぐ終わることをさせる

あまり難しいことをさせようとすると、せっかくのやる気がそがれちゃいます。

なので、簡単ですぐ終わることからさせればいいと思っています。

 

我が家の場合は、便器内の掃除をしたがりました。

使い捨てブラシに興味があって、私がやっているのを見てやりたかったみたいです。これが使い捨てタイプでなかったら、ブラシを持たせるのが嫌で、させてなかったかもしれません。。やり方を変えてよかったです。

使い捨てブラシを挟んだ状態で子供に渡し、ここを掃除するんだよ、と教えました。

IMG_1214

(↑この状態にしてから子供に渡しています。あとはゴシゴシこするだけ)

使い捨てブラシの洗剤が染みだしてきて、水が青くなるのが楽しかったようです。

 

短い時間=飽きない、ということと、「楽しい」という気持ちで掃除が終わることが大切です。

使い終わったブラシを外して流したり、ブラシホルダーを洗ったりは私がしています。

それはまだこれからかな、と思っています。

便器内の掃除に抵抗がある場合は、床の掃除や、ドアを拭く、便器の外側を拭く、といったことからデビューするといいと思います。

6.終わったら感謝

簡単とはいえ慣れない作業です。「きれいになったね。ありがとう」と伝えるといいですね。掃除の後は、スッキリと、プラスのイメージでおわるといいですよね。

子供が掃除したいとおもうとき

子供に掃除を教えるときに最近思うことですが、子供が掃除をしたいと思うにはいくつか共通点があるようです

子供はおもしろそう!と感じるとき、掃除をしたいと思うようです。具体的には、

  • やったことがなく、おもしろそう
  • たまにしかやらない作業、めずらしい
  • 親が楽しそうにしている

「お、なんだか楽しそう」と思って興味をもつと、掃除であっても片付けであってもやりたいと思うようです。

これをうまく活用して掃除を一緒に楽しめるといいですね。

トイレのイメージは大人と子供では違う

大人はトイレ=汚い場所、というイメージがありますが子供にはありません。

単にトイレはトイレです。

なので、トイレ掃除をするときは

「汚い場所をきれいにする」ではなく、

「きれいにすると気持ちがいい場所」

と教えましょう。

 

さいごに。

トイレ掃除デビューは楽しくできるといいですね。

子供にはキレイにすることはいいこと、すっきりして楽しいことと覚えてほしい。

そして、お掃除上手になってほしいです。

 

ではまた(^-^)/