トイレの臭いを解消。ウォッシュレットのすき間掃除は意外と簡単!

トイレの臭いって気になりますよね。

最近のマンションはウォシュレットのところがほとんどだと思います。

でも、ウォシュレットって掃除しにくいんですよね。

角度的に見えにくかったり、形状がそもそも掃除がしにくい。ついつい汚れがたまってしまう。。。

毎日掃除していても、あれ?なんかちょっと臭うかも。。なんてことも。

そんなときは、ウォシュレットの便座掃除が必要です!

(ちなみにウォシュレットとはTOTOの商標なので、本来は温水洗浄便座というそうです。)

最近のウォシュレットは掃除しやすく進化している!

最近、ウォシュレットも掃除しやすくなっています。

メーカーでいうと、TOTOはウォシュレットのふち裏をなくして「フチなしウォシュレット」といのをだしています。

ふつう、ウォシュレットって、便器の上に便座部分がかぱっと乗っかっているイメージですよね。ちょっとノズルの部分がせりだしているのでその間が、掃除しにくい。

でも、ふちなしウォシュレットは、ウォシュレット便座自体が便器と同じ形状なので奥まで掃除しやすくなっています。

うまく説明できないので、TOTOのホームページをご参照ください→http://www.toto.co.jp/products/toilet/neorest/feature/04.htm

INAXは、便座リフトアップ機能があり、便器と便座の間高くあがり、掃除しやすくなっています。

手動で便座をリフトアップ(持ち上げ)するのですが、全体的に高く上がるので、汚れがふき取りやすいです。

手が充分入るくらいの掃除スペースを確保できるので、隙間の汚れが格段に拭き取りやすい!

 

ウォシュレットを掃除します

我が家のウオシュレット

我が家はTOTOのウオシュレットです。が、「フチなしウオシュレット」ではありません。

トイレ

普通のタンクレス型です。

掃除します

1.電源プラグをぬきます

toilet-plug

2.便座のふた、便座をあげます

toilet-benzasouji1

3.掃除リフト用レバーを引き、下へ回します

掃除リフト用レバーはここです。

メーカーは違っても、だいたいこのへんにレバーがあったり、ボタンがあったりして、ウォシュレットが外せたり移動できるようになっているようです。

toilet-benzasouji2

ここをひっぱり、下側へまわします。

toilet-benzasouji3

こんな風に下にまわします。

toilet-benzasouji4

そうすると、便座がすこし上に持ちあがり、掃除用の隙間ができます。

4.隙間の掃除をします

toilet-benzasouji5

1cmほどもちあがり、隙間ができたので掃除します。

この間に、尿よごれが残っていたり、臭いの原因がありますよ!!

このすきまを掃除すればすっきりしますよ~!!

こんなときは、ぞうきんではなく、使い捨てのいらない布をつかいます。拭いたらポイッとすてましょう。

取説によると、「うすめた台所用洗剤をふくませたやわらかい布で拭いてから、洗剤が残らないよ水拭きする」そうです。

5.掃除リフト用レバーを引き、上側に回し、便座を元に戻します。

あとは、レバーを引いて上側に回すと、便座が元の位置に下がります。

私はついでに、便座ふたを外して、掃除もしちゃいました!

toilet-benzasouji6

6.電源プラグを差し込み、掃除完了

コンセントをさして、完了です。

お疲れ様でした。

 

注意点

注意点としては、

  • コンセントをぬくこと
  • むりやりレバーをひかないこと
  • ウォシュレットを上げたまま、変に動かしたり力を加えないこと
  • 直接スプレー洗剤や水をかけないこと

です。

なんと、すきま掃除は「月に一回」推奨

改めて取説をみてみると、この手入れ、「月に一回」だそうです。

知ってましたか~?!

掃除自体は簡単なのですが、つい、うっかり掃除し忘れますよね。。

大掃除だけではなく、もう少しこまめにした方がよさそうです。

 

さいごに。ウォシュレット掃除の感想

ウォシュレット掃除、意外に簡単です。

そんなに時間もかかりません。

なんといっても、臭いがスッキリした気がします!!

 

ぜひ、気分が乗った日にはチャレンジしてくださいね~!!

 

ではまた(^-^)/

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

http://nijimama2015.yokohama/wp/toilet-brash-away/

http://nijimama2015.yokohama/wp/2rules-easy-cleaning/