4年生。塾の個別面談に行ってきました

長女は4年生。

塾に通っており、週2回の授業と月に2回テストがあります。

最近の課題は。。。

 

算数。

 

長女はもともと算数が苦手なタイプ。

ひっ算あたりでつまづきはじめ、計算に苦手意識がついてしまいました。

その後、100ます計算を何度もやって、計算問題はなんとか持ちなおした感じがします。

(↓100ます問題を数冊購入して繰り返しました。

おかげで、ずいぶん計算が早く・正確になりました。おすすめです!)

 

それなのに最近、また算数の成績がよくありません。。

うーん。。

と思っていたところ、ちょうど塾の個人面談があったので相談してきました。

塾の(保護者向け)個人面談にいってきた

3年生の途中から塾に通っている娘ですが、私が個別面談に行くのは初めてです。

もしかしたら今までも機会があったのかもしれませんが、面倒がってスルーしてたかも。。

最近気になっている「算数」について相談するチャンスです。

 

私と教室担当(?)の先生と1対1の30分間の面談でした。

早速、相談をぶつけました。

にじこ

算数の成績があまりよくなくて。。あと、テストでは時間が足りないみたいです。。

と相談したところ、先生が今までのテストの成績が記載されている資料を確認。すると。

 

先生「図形に入ってから落ちてますね」

私「そうなんですか?!」

 

私は、その時初めて、長女が図形が苦手なんだと知りましたよ。

パズルとかすきなのに、なんで~(涙)

図形が苦手。対策は?

漠然と算数が苦手なんだな、と思っていましたが、図形の分野が苦手とは思っていませんでした。

でも資料を見ると、確かに図形分野の点数が取れてません。

(テストの分析って必要なんだなー、と実感しました)

・・・そうか、ここかぁ。。

 

「どう対応したらいいですか?」

という質問に明確な答え。

 

先生「テキストでやった問題を繰り返し解いてください

私「同じ問題をとくんですか?」

先生「そうです」

 

同じ問題を解くことによって、パターンが身に付くし、問題にとりかかる時間が短縮できるそう。

なるほど。

 

テストで時間がない!の対策

長女は途中の問題で時間を使ってしまうみたいで、最後の問題まで十分な時間がありません。

家でとき直しをすると、すらすら解けることもあり、とってももったいない!

これまた明確な対策を教えてもらいました。

 

先生「最終問題へたどり着くまでに時間が不足しているようです。時間を意識する練習をした方がいいですね」

 

その方法は、「時間をはかる」とのこと。

問題を解くときに、時間を測るといいようです。

4年生はまだまだ「早く問題を解く」という意識が低く、テスト問題でものんびり解くらしいです。そして気が付くと時間が無くなっていることが多いらしい。

なので時間を計測→時間を意識して解くという訓練になるようです。

そうやって、スピードアップを意識して生まれた少しの時間が積み重なれば、最終問題も余裕をもって解けるようになる、とのこと。

 

それに、同じ問題を解く場合、確実にスピードが上がります。

そうやって、スピードアップを実感するのもためになりそうですね~。

 

親はどう接すればいいのか?

基本、長女の勉強はほったらかしにしている私ですが。。。

やっぱり、どう接するべきかはきになるところ。

聞いてみたところ、

長女の塾では、親は勉強の「管理」をしてください、とのことでした。

一方で、「教える」ことは塾に任せてほしいそう。

なので、ちゃんと宿題をしているか、へんに時間がかかりすぎていないか、とかそういったところで関わっていけばいいそうです。とはいえ、べったりなりすぎてもいけないみたい。

私の場合、ついつい教えたくなってしまっていたのですが、これからは

「分からない問題はチェックしておいて、塾で先生に聞いてみて」

と答えることにしました。

 

確かに教えるのはあちらがプロだし上手!任せた方がいいのかも。

長女にとっても頭に入りやすいだろうし。

 

そんな気づきが、私にとって進歩でした。

 

初めての面談でしたが、私にとっていい経験になりました。

 

しばらくは、長女の算数対策としては、

・同じ問題を繰り返し解く

・時間を測って、とりかかる時間の意識をつける

をやってみようと思います。

 

ではまた(^^)/