ハロウィンの英語を学習!スペルや絵本、関連単語も学習

すでに一般的な行事になったハローウィン。

せっかくこんな外国由来の大きな楽しいイベントがあるので、これを英語学習に生かしましょう!

ハロウィンの由来、つづりや絵本を紹介します。

ハロウィンの由来

そもそもハロウィンとは?

にじこ
にじこ

結局、ハロウィンって何?調べてみました!

ハロウィン( Halloween)は、毎年10月31日に行われる、古代アイルランドに住んでいたケルト人が起源と考えられているお祭りです。ケルトの人々は11/1を新年のはじめの日と考え、1年の終わりの日である10/31には死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日と考えました。

死者の魂とともに悪霊も一緒にやってくると考えられ、その悪霊から身を守るために仮装したり火をたいたりしたことがに人間だと気づかれないようにしたことがハロウィンの起源だそうです。

一方で、カトリックでは諸聖人の祝日(All Saints’Day)というものがあったのですが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程で、ケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定したとされています。

英語で「Hallow(ハロウ)」は「聖人」や「聖職者」をという意味があります。

そして前日の10月31日は、聖なる前夜祭とケルトのお祭りとしてハロウィンを大きく祝う習慣につながったそうです。

ハロウィンは、本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています!

ちなみにプロテスタントはそもそも諸聖人の日を祝う習慣がないのでハロウィンは教会行事にはなっていないそうです。

にじこ
にじこ

知らないことばかりでした!

スペルの由来

スペルの由来をみてみましょう。

ハロウィンは英語で「Halloween」(Hallowe’en)とつづります。

これは、諸聖人の日(All Hallows’ Day)の前夜(All Hallows’ evenまたは All Hallows’ Eve. )が短縮されたものです。

All Hallows’ evenが省略され

→Hallow-e’en

→Hallowe’enとなったようです。

つまり、ハロウィンは「諸聖人の日の前夜祭」といった意味の言葉になります。

ハロウィンに関する英単語

ハロウィンに関する英単語を学習しましょう!

パンプキンなどすでに定着しているものも、そうでないものも、ぜひこの機会に学習しましょう!

Jack-o’Lantern  ジャックオランタン 
Skeleton ガイコツ 
Bat  こうもり 
Black cat 黒猫 
Mummy  ミイラ
Haunted house   お化け屋敷
Cemetery お墓 
Ghost  おばけ
Witch   魔女
Spider クモ 

怖くない!楽しいハロウィンの絵本を読もう

かわいいお化けと数字の学習もできちゃう! Ten Timid Ghosts 

Ten Timid Ghosts

Jennifer O’Connell (著)

(主な登録情報:32ページ 、対象読者年齢 2 ~ 4 歳)

“Timid”は臆病な、という意味があります。

10匹(体?)の怖がりなおばけのお話です。

~~~~

10匹の怖がりなお化けはお化け屋敷に住んでいます。

そこへいじわるな魔女がやってきて、1匹ずつ怖がらせて追い出していきます。

ハロウィンの絵本ですが、同時に数字も学習できる絵本です。

10から数字がスタートして、1匹逃げ出すごとに9,8,7と残っているお化けの数が減っていきます。10→1へのカウントダウンが学習できます。

Ten timid ghosts in a haunted-house

A witch moved in and wanted them out.

One saw a skeleton and let out a whine.

He flew to the woods and then there were nine.

 

ハロウィンに関係が深いものもたくさん登場します。

  • skelton(ガイコツ)
  • bat(コウモリ)
  • owl(フクロウ)
  • cat(猫)
  • ghoul(悪霊)
  • vampire(吸血鬼)
  • monster(モンスター)
  • spider(クモ)
  • rat(ねずみ)
  • witch(魔女)

とっても リズムのいい文章でおすすめです!

ちょっと頼りないお化けたちが、楽しい絵本です。

ダンスがコミカルで楽しい!ハロウィンの絵本! Halloween Hustle

Halloween Hustle

Charlotte Gunnufson (著), Kevan J. Atteberry (イラスト)

(主な登録情報: 32ページ、対象読者年齢 3 ~ 7 歳 )

ハロウィンですが、怖さは全くない面白い絵本です!

ハロウィンイベントに、ガイコツ君が出かけます。

ヨロヨロ、踊りながら!

そう、みんなでダンスコンテストをするのです。

ゴースト君はあちこちでつまづきバラバラになり、組み立てなおしたりしながらパーティーに向かいます。

フランケンシュタイン、ゴーストなどほかの参加者もとっても楽しそう!ハロウィンは大盛り上がりです!

 

出てくる文章もライムが聞いていて、とっても楽し気です。

Skelton twists his skinny hips

Shakes his shoulders, skates and skips.

On a crooked crack, he trips,

Bones scatter!!

What a clatter!

Spines like a broken ladder!

登場するのはすべてお化けたちなのですが、イラストがとっても楽し気で、読んでいて楽しくなる絵本です。

なぞなぞが楽しい!Boo! Haiku

Boo! Haiku

Deanna Caswell (著), Bob Shea (イラスト)

(主な登録情報:24ページ 、対象読者年齢 3 ~ 5 歳 )

にじこ
にじこ

Haikuは、あの俳句です。

5・7・5のリズムを真似た俳句風の英語絵本です。

なので1ページの文章がとても短くまとまっています。

俳句風のリズム?でヒントが出ます。それが何かをあてるなぞなぞ絵本になっています。面白そうですよね!

broom across the moon(月にかかるほうき)

pointed hat at the window(とんがり帽子)←絵本にはヒントの帽子の絵が描かれています。

hair-raising cackle(ぞっとするような高笑いの声)

Can you guess who from this haiku?(この俳句、だ~れ?)

ページをめくると、

BOO! It’s a witch!(Boo!魔女でした!)

と答えが登場します。

俳句かどうかはさておき、日本人的にはこの本の文章は短くとっても読みやすいと思います!

 

魔女以外にも、

  • コウモリ
  • ガイコツ
  • ジャックオランタン
  • ゴースト
  • 黒猫
  • クモ
  • ふくろう
  • かかし

が登場します。

なぞなぞにワクワクしながらハロウィンを楽しむのもいいですね!

英語を通じてハロウィンに触れよう

せっかくの楽しいイベントを英語学習にも活用しちゃいましょう!

楽しいことは記憶に定着しやすいです!

ではまた