当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

低学年におすすめ。鳥に関する英語を学習しよう

にわとりーchickenの英語

にわとりのことをchickenとよびます。そして、食肉のために農家などが飼っている「鶏」は「poultry」とよびます。

今回はいろんな「鳥」の英語についての記事です。

にわとりの呼び分け

ニワトリは、雄鶏、雌鶏で呼び方が違うのも有名です。そしてニワトリの鳴き声もちがいますよ!

・雄鶏の呼び方:rooster、鳴き方「コケコッコー」→cock-a-doodle-doo

・雌鶏の呼び方:hen、鳴き方「コッコッコッ」→cluck

chickenをつかった表現

chickensをつかった表現があります。

chicken=臆病、というのは有名です。

Don’t count your chickens.

(before they are hatched.が続くこともあります)

「捕らぬ狸の皮算用」です。直訳ですと”かえらないうちからひよこの数を数えるな”ということで、まだ起こっていない将来の事柄について当てにしたり計画を立てることを戒めます。

Chickens come home to roost.

「因果応報」「自業自得」「身から出た錆」「人を呪わば穴二つ」、の意味です。

roostは「(鳥が)ねぐらに帰る」という意味です。

鶏はねぐらに戻ってきます。自分がしたことは、鶏がねぐらに戻ってくるように、自分のもとに返ってくる、という意味です。

・play chicken

相手が手を引くと思って脅し合うことです。

チキンゲーム、ってやつですね。

・run around like a headless chicken

直訳すると、「頭がないニワトリのように走り回る」となります。

意味は、バタバタあたふたする、行き当たりばったりで一貫性なく何かをしようと忙しくすることです。

Peacockの英語

・peacock [ píːkὰk ] (特に雄の)クジャク。

です。下に説明しますが、お豆のpeaは関係ありません!

厳密にいうと、peacockはオスをさしますので以下のオスメスの区別があります。とはいえ、通常は雄雌かかわらずpeacockで十分です!

  • おすのクジャク:peacock
  • めすのクジャク:peahen
  • 若いクジャク:peachick
  • (雄雌とわず):peafowl

peacockの呼び方は、お豆のpeaとは関係ないそうです!

ラテン語Pavoに由来しているそうです。

pavo→peafawl→さらに、鳥のオスにはcock, 鳥のメスにはhenを使うので、peacock, peahenだそうです。

くじゃくの美しい羽のような濃い青緑色を”peacock blue”と言います。

peacock(くじゃく)をつかった表現

as proud as a peacock

おおいばりで、得意そうに、という意味があります。

孔雀は、美しい大きな羽を広げることで知られ,見えを張ることのイメージを持っています。peacockは見栄っ張りの意味でも使われます。

渡り鳥の英語

英語で渡り鳥は、migratory birdです

渡り鳥といえば、日本ではツバメ、ツルなどが有名です。 ほかにもたくさんの種類があって、国によってもメジャーな種類がちがったりします。

そんな”渡り鳥”は英語で何というでしょう?

migratory birdというそうです。

・migratory [mάɪgrət`ɔːri] 【動物, 動物学】 移住する,移住性の (⇔resident).

そもそも、”渡り鳥”って何でしょう?子供に説明するの、難しいですよね。

wikipediaによると、

渡り鳥(わたりどり)とは、食糧、環境、繁殖などの事情に応じて定期的に長い距離を移動(渡り)する鳥のこと。 翻って、1年を通じて同一の地域やその周辺で繁殖も含めた生活を行う鳥を留鳥という。

だそうですよ。

鴨がVの形に群れになって飛んでいく様子は、定番のイメージのようです。

渡り鳥にもその距離によって区別があります。

にじこ
にじこ

英語よりも日本語のいい方のほうが難しいですね。。。

  • Permanent residents :migrate しない鳥 日本語では「留鳥(りゅうちょう)」というそうです
  • Short-distance migrants :短い距離を移動。山で頂上から下に移動、など。日本語では、「漂鳥(ひょうちょう)」というそうです。
  • Medium-distance migrants:数百マイルを移動する
  • Long-distance migrants  :食糧を求めてさらなる距離を移動する。主に北米大陸から中央・南アメリカに移動し、350種類以上の鳥がいるといわれる

鳥の単語

その他、鳥の英語を紹介します。

  • アヒル duck
  • インコ parakeet
  • ウグイス bush warbler
  • オウム parrot
  • カナリア canary
  • カモ (wild) duck
  • カモメ gull
  • カラス crow
  • きつつき woodpecker
  • スズメ spallow
  • 鷹 hawk
  • ツバメ swallow
  • 鶴 crane
  • 白鳥 swan
  • はと pigeon 
  • ふくろう owl
  • みみずく horned owl

鳥のおすすめ英語絵本

Interrupting Chicken

David Ezra Stein (著, イラスト) 

(主な登録情報:40ページ 、対象読者年齢 4 ~ 7 歳)

こどものchicken がパパchickenに、「寝る前に絵本を読んで!」とせがみます。

パパchickenは読み始めるのですが、子chicken は話の途中に割って入って、つい邪魔をしちゃいます。ヘンゼルとグレーテルの話のときは、

ヘンゼルとグレーテルがおばあさんにお菓子の家の中に招待されると・・」

「out jumped a little red chicken, and she said “Don’t go in! She is a witch! ” so Hensel and Gretel didn’t. The end.(小さな赤いチキンがあらわれ、「行っちゃダメ!そいつは魔女だ!」といいます。そしてヘンゼルとグレーテルは行きませんでした。おしまい」)」

と強制的にお話を終わらせてしまうのです。

次の話も、その次の話も。

パパがちゃんと終わりまで聞いて眠るんだよ、というのですが、ついつい邪魔しちゃいます。。

そして読む本がなくなり、パパにとうとう「じゃあ、子chickenがお話してね」と言われ、子chickenがお話を創作することに。

子チキンが話をしだすと、パパはグーグーと寝てしまいます。おやすみなさい。

とってもかわいいお話です。

せっかく寝かしつけのお話を読んでもらっているのに、お話が困った展開になる前に、子チキンがつい邪魔をしちゃうところなんか、とってもかわいいです。

Chicken Little

Oakley Graham (著)

とっても有名な民話です。いろんなバージョンがでていて、ちょっとずつ違うそうですよ

1度読んでおくといいですよ!

どんぐりがチキン・リトルの頭に落ちました。それでチキン・リトルは空が落ちてきた!とパニックになります。

王様に伝えなきゃ!と大急ぎで走り出し、道中で出会う友達に「空が落ちてきた!」と伝えます。友達は「それは大変!」と一緒にパニックになります。

途中でお腹をすかせた頭のいいきつねにつかまりそうになりますが、何とか逃れ森に到着します。するとどんぐりが降ってきて。。。

チキン・リトルは空が降ってきたのではなく、ただどんぐりが落ちてきたのだと知りました。そしてみんなは、誰かから聞いたことをうのみにしちゃいけないんだと知るのでした。

登場する仲間たちの名前が、とっても楽しいです。

  • Henny Penny
  • Cocky Locky
  • Ducky Lucky
  • Goosey Loosey
  • Gander Lander
  • Turkey Lurkey
  • Foxy Loxy

と、声をだして読むと、とってもリズムが良く、読んでいてもとっても楽しくなります。

英語で動物の鳴き声は?オノマトペや鳴き声を調べました