当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

おすすめ知育玩具!小学生や幼稚園にやっておいてよかったもの。数年後にきっと役に立つおもちゃ

中学受験を通じて、役に立ったと思う知育玩具を紹介します

中学受験を通じて気づく、知育玩具のすごさ!

我が家は中学受験経験ありです。娘はすでに終了し、息子は現在進行形で取り組んでいます。

私自身は中学受験は経験していないのですが、中学受験で出てくる問題ってすっごーく難しいんですよ。

そんな超難問たちに取り組んでいるのを見ていると、昔遊んだ知育玩具が役立っている!って思うことがあります。

特に算数。図形、立体図形。

中学受験の算数では、「図形・立体図形」が欠かせないのですが、苦手な子も多いです。

立体図形の問題は、展開、切断、回転、体積、表面積を求める問題など、実にさまざま。そしてこの「立体」がイメージできない子供はたくさんいるんです。

我が家の子供たちは「立体」の感覚のつくるのに、昔遊んだ知育玩具が役立ってるんじゃないかと思っています。

中学受験を目指している・知育に力を入れたいというご家庭に、我が家が使ってよかったおすすめ知育玩具についてお伝えしたいと思います。

算数力を鍛えられるおすすめ知育おもちゃ

ほんとうに、算数はぜひ知育おもちゃを使ってほしい。立体、図形に関しては、小さなころに触れて頭にイメージする力をぜひつけてほしい。と思います。

我が家は一応使ってはいたんですが、もっと遊ばせればよかったと思っています。断面図的なものが得意ではないので、もっと遊んだらできてたかもなぁ。

マグフォーマー

マグフォーマーは、めちゃめちゃ遊びました。

三角形や四角形のピースがあって、ピースの各辺に磁石が内蔵されてます。ピース同士を近づけるとピタッとつながります。ブロックみたいなかんじかな?

最初はピースを使って、花や家など平面の「絵」のようなものを作っていたのですが、徐々にピースを組み立てて立体を作るようになりました。

何角形かよくわからないような色んな形を作ることで、遊びながら立体や空間に関する知識をはぐくみます。

ルービックキューブ

昔懐かしいルービックキューブはいまも健在です。

ルービックキューブは空間把握能力や逆算思考、論理的思考を育てるのにとっても役立ちます。算数脳が鍛えられそうです。

我が家では、全面そろえるやり方をネットで調べてメモして、私と子供とで一緒に取り組みました。

私も子供たちも、メモを見ながらであれば6面そろうようにはなりました!

にじこ
にじこ

なんで揃うのかとかはサッパリわかりませんでしたが。。。なんかできた!

算数教室などでルービックキューブをつかうところは座標などについても意識させるそうですよ。

ブロックス

シンプルなルールのパズルゲームです。

テトリスのようないろんな形をした4色のピースを交互に置いていく陣取りゲームで、 自分の色のピースが置けなくなったら終わり。より多くのテリトリーをとった人が勝ちというものです。

図形の学習はもちろん、先を読む力を養えます。

2~4人で遊ぶことができるので、家族みんなで楽しめます。「お母さん、いっしょにやろう!」と言われたときに、15分程度でサクッと終わるのも親にとってはうれしいポイントです。

アルゴ

算数オリンピック委員会 若杉英二氏を中心開発されたカードゲームで、奥が深い。

基本ルール通りに並べられた相手のカードの数字を推理するゲームです。

遊びながら集中力、記憶力、分析力、論理的思考力が身に着くようです。

ロンポス

様々な色と形をした、12個のピースを使って遊ぶ事が出来るIQトレーニングパズル。

とてもコンパクトで、スマホを少し大きくしたくらいサイズなので、我が家では帰省のときなどに新幹線に持ち込んで遊びました。1人で遊べます。

大人がやっても楽しめます。手軽でとってもいいですよ!

図形のセンスがみにつきそうな知育玩具です!

実はこれも買っておけばよかった

キュボロ

ビー玉ころがしのおもちゃです。

仲のいいお友達のおうちにあって、本当に買おうかどうか迷っていたのですが、諸般の事情であきらめました。。行くたびに遊ばせてもらっていましたが、子供がすっごく好きだったおもちゃです。

将棋の藤井聡太さんが遊んでいたと聞いたことがあります。

一つのブロックの向きを変えてみると、ビー玉が思いもよらない場所から転がって出てきたりして、中のレールがどのようになるか考えたりと、とても考える力が身に付きそうです。

試行錯誤しながらできるので、まさに遊びながら学べるおもちゃだと思います。

幼少期に培った算数のセンスは、今後の学習にも影響!中学受験にも役立ちます

よい知育玩具は、本当にたくさんあります!

「知育」を目的にしているだけあって、その後の学力の発達にとても役立っていると実感します。

とくに中学受験においては、ブロックやパズルなど役立った気がします。ブロックなどでたくさん遊んできた子供は、図形への理解がとっても早いと感じました。

テストではもちろん図形は二次元で表示されるのですが、あたかもそれを三次元に置き換えて把握する・実際には見えない部分、動かしたときや切ったときの形を想像する。

そんな空間認識能力は、幼少期だからこそ鍛えておきたい能力の一つです。

算数など学習面だけでなく、運動、美術などにおいても必要とされる能力です。

もっといえば、車の車庫入れや整理整頓などの日常生活でも役立ちます。

そしてこの能力はこれからも役立ちます。

2000円くらいのものがたくさんあるので、お試しもしやすいです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

家族でボードゲームしよう!旅行や、帰省で子どもと楽しむパーティーゲーム