当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

小1の英語学習をすすめるには。勉強のこつはある?

小1の英語学習のコツを知りたい。勉強の進め方と注意する点

小学校1年生から英語を始めようというご家庭は多いです。

習い事の一つとして(もちろん、英語が話せるようになることを期待して)、先取り学習として。

英語耳のことを考えると、耳がよい低学年のうちにスタートしたい!と思う方も多いです。

勉強の進め方

英語を始めようとおもうとき、また実際学び始めると、こんな難しさに直面します。

  • 何から始めたらよいのかわからない
  • 子供がすぐ飽きる、嫌がる
  • 英語が理解できない
  • 英語で話したり書いたりするのが苦手、恥ずかしい

まだ始めたばかりの小学1年生。やり方がわからなかったり、すぐに結果がでなくて当然です!焦らずに。

ちなみに、学習するときは、こんなことに気を付けるといいですよ!

なにはさておき楽しく!ゲームや歌、絵本など、楽しみながら英語を学ひましょう!

子どもは楽しんでこそ学習が身に付きます。楽しいからこそ、「もっともっと!」につながります。

私自身は英語はそもそも「ことば」で学習するものではないと思っています。環境に放り込めば話せるようになり、必要に迫られればできるようになるものですし。

でも、一般的な小学生はその「環境」「必要性」がないんですよね。そこで必要になるのが「楽しさ」です。楽しいものは放っておいても子どもはやり始めます。なので、なるべく子供が楽しいと思える方法で英語を学ぶようにしましょう。

小学校1年生が楽しいと思うものと言えば、インタラクティブなもの、ゲーム性や遊び心があるものがいいと思います。

おすすめは、ゲームや歌、絵本、アプリなどです。

ママが洋楽をすきだったら一緒に聞かせて歌えばいいと思います。また寝るまえの本を読む時間に、英語版と日本語版のものがたりを交互に読む、等々。無理なく英語を導入でき、こどもの想像力も膨らみます。

いまはおもちゃ屋さんに行けば英語に触れられるゲームやおもちゃなどがたくさんあるので、それを活用するといいですね!

関心を持てるものを

飽きずに学習するために、コンテンツ選びは大事です。お子さんが興味が持てるもの!でないと学習は続きません。

そしてお子さんが何に興味があるか一番よく知っているのはやっぱり親御さんなんですよね。

お子さんがすきなものは?とかんがえてみてください。

電車?お人形?ブロック?本?歌?車?

お子さんによってそれぞれです。そのお子さんが好きなものを通して英語に触れることで、英語への興味や関心を高めましょう!

お子さんが好きそうな絵じてんや英語の歌、アニメなどを活用するといいですよ!

分かりやすいものを!

まだこの年代のお子さんだと、シンプルなものがおすすめです!

イラストやフラッシュカードなどの画像やYoutube、アニメ、ビデオなど映像などを使ったものがおすすめです。

言葉やフレーズを視覚的にとらえましょう。キャラクタを使ったもの、カラフルなものなど、とっても魅力的な教材がたくさんあります。

ひとつ注意点は、年齢にあったものを選びましょう。期待もあり、長く使いたいあまり、ついつい年齢が上の教材を買いたくなっちゃうのですが、お子さんにとって理解しやすいものを選ぶことをお勧めします。

歌やリズムを活用しよう!

子供たちは歌やリズムに敏感です。紙だけの学習ではなく、英語の歌や映像、リトミックを通じて学習すると、単語やフレーズを覚えやすくなります。

私が講師をしていたとき、何か説明するときに、短いフレーズによく節をつけていました。するとすぐに覚えてくれるんですよね。

大人でもチャンツを通じて学習すると効果が高いそうです。ぜひ、リズムを取り入れることを意識してみてください。

日常に組み込もう!

英語学習するとき、日常生活、とくに日常の遊びの一部に組み込むことで、抵抗感を減らすことができます。

英語の知育玩具をはじめ、英単語のカードを使って遊ぶ、アルファベットのパズルを使うなどで親子でのスキンシップの時間にもなりおすすめです!

UNOなんかは小1もプレイできます。数字や色といった初めての英語の導入として役立ちますよー。

親も一緒にやってみよう!

親が一緒にやることで子供たちのやる気はすごく変わるんです。

ぜひ子供と一緒に英語の歌を歌ったり、英語の絵本を読んであげたりしてみてください。お子さんのやる気がアップしますよ~。親子で一緒に楽しむことで、子供は英語学習に対するポジティブなイメージを持ちますし、親子の時間を楽しめるのもいいですね。

小1英語で挫折しないために。子供が小さいうちは保護者のサポートが必要です

ついついめんどくさくなって、英語教室に任せっぱなし。ってなりがちです。

でも1年生は英語だけでなく、学校が始まって本格的な学習をはじめたばかり。低学年のうちは積極的に親が学習にかかわることでモチベーションが保てます。サポートのときは親御さんは以下に気を付けておくといいと思います。

たくさんほめよう!不安をとりのぞこう!

お子さんが英語で何かを言ったり理解したりしたら、たくさん褒めてあげましょう!

「すごいね!」のポジティブなフィードバックがモチベーションを向上させ、次の学習につながります。

そのほか、もし機会があればグループで英語を学ぶのもおすすめです!サークルやグループレッスンなどに参加すると楽しいですよ。

お友達と一緒に学習することで、お子さんの楽しみが増え、不安感が激減します。英語教室のグループレッスンはお友達との遊びの延長のように楽しんでくれることが多いです。

また、みんなに褒められ認められることで、さらに英語を楽しんでくれるようになります。

目標ぎめと進捗管理をしよう

せっかく学習するなら、目標やめやすをもっておくといいですよ。

英語教室に通っている方でも、「リトミックとゲームはすきなんだけど英語は身につかないのよねー」という方が結構います。

「英語に触れて抵抗をなくす」「楽しい時間をすごす」で十分であればいいのですが、もっとうまくなってほしい、と思う場合は目標をもっておくといいですよ。学習するうえで羅針盤となります。

たとえば、

・アルファベットを覚える

・基本的な単語を覚える

・フォニックスを覚えて、単語を読めるようにする

・簡単な会話ができるようになる

などなど。

ご家庭によって目指したいゴールを持っておいて、それを定期的にチェックをし、必要があれば教材を追加したりやり方を変えたりしましょう。

目標をもち、進捗管理をすることは親御さんにとってもプラスです。スタート時点をいつも確認できることで、お子さんが「こんなに上達した!」と気づくことができます。

プレッシャーをかけない

英語学習は楽しさを重視し、お子さんにあまりプレッシャーをかけないよう心がけましょう。

進捗管理は大事なのですが、それに縛られてお子さんにプレッシャーをかけるようでは少し行き過ぎです。

お子さんによりペースが違います。

ネットであふれる「小学生で英検2級!」とかスゴイ例と比べる必要はありません。中にはそういう人もいる、くらいに思っておけばいいんです!

子どものペースに合わせた学習内容や時間を決めましょう。

プレッシャーをかけずに楽しい雰囲気で英語学習を進めることで、着実に力が付きます。

アウトプットの機会をつくろう

アウトプットと言っても、外国の人と話す機会を作ろう!と言っているのではありません。相手は外国人である必要はなく、単に「話す」機会があるとよい、ということです。

もちろん実践的な機会があればなおよいです。

ご近所に英語サークルがあるかもしれませんし、ネットでさがせばいろんな小学生向けの英語プログラムが見つかりますので、それに親子で参加するのもおすすめです。

余談ですが、TOKYO GLOBAL GATEWAYという体験型英語学習施設があって、私は行ったことがないのですが、とっても楽しそう!

 

外国人の知り合いがいなくても、イベントが近くでなくてもアウトプットの練習はできますよ!

親御さんが積極的にかかわってお子さんが英語で話したり書いたりすることを、促しましょう。

お子さんと交互に絵本を読んだり、お子さんに英語で話しかけるなど、簡単な英語を発する機会があるといいですね。これも立派なアウトプットです。

 

「うーん。近くでイベントやサークルはないし、私が英語で話しかけるのはなぁ。。。」という場合は、少し費用が掛かりますが、英会話教室やオンライン英会話がおすすめですよ!

さいごに

小1で英語をするときのコツを紹介しました。

小1で「英語学習している」ことは、お子さんにとってすごーく誇らしいことに間違いありません!

それを証拠に、英語を学習し始めると、お子さんは周りに自慢し始めます!

 

子ども「ぼく英語知ってるんだ!」

ママ友「すごいね!」

となったときにまだお子さんが全然話せなくても謙遜する必要は全くナシ!ぜひお子さんをノせて、英語学習を楽しんでもらいましょう!

ではまた