当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

英語の通信教育は小学生に役立つの?比較してみました

にじこ
にじこ

英語ならわせたほうがいい?

ある日沸いてくる疑問。ママさんたちの話題にのぼることも多いと思います。

いまや進学、留学、就職、すべてにおいて英語が必須。なんとなく、「英語をやらせたほうがいいのでは?」と考える親御さんは多いと思います。

英語を習う方法は様々です。

  • 英会話スクール
  • オンライン英会話スクール
  • 短期留学
  • 英語の学童 などなど

でも、ちょっとコストが高いよね。。。

そこで気になるのが英語の「通信講座」。英会話教室や塾に比べると、安いコストで気軽に始められます。

試しにやってみるにはハードルが低いのではないでしょうか。でも、

語学を学ぶのに「通信」はちょっと。。

と思うのももちろん分かります。

調べてみると、タブレットやテキストをはじめとする教材を使った家庭学習では、スピーキング以外に読む・聞く・書くといった技能も強化できるものが多くありました。

また、月数回のオンライン英会話もセットになっている講座もあります。

そんな、「英語通信講座」について調べてみました。

英語の通信教育について調べてみました

「読む」「書く」ことは重要。でも小学校の授業では扱わないってホント?!

小学校英語では、結構な量の英語を学習することになります。その単語数は、600語~700語。

そして、小学校英語はなんといっても「会話中心」。「読む・書く」の技能は後回しです。

この「読む・書く」能力の習得は、小学校によってばらつきがあります。

力を入れていない学校だと、子どもたちは、単語は聞いたり話したりはできるけれど、「書けない」ということが多いです。

もともと国の英語教育方針としても、小学校の間は「慣れ親しむ」を意図しています。

それなのに!

なんと、中学英語では、小学校で習ったことは覚えている前提で進んでいきます。

だから、

・英語に「慣れ親しむ」をしてきた子供たち

・「読む」「書く」まで学習してきた子供たち

とでは中学で生徒の英語力にかなりの差が生まれてしまうんです

わからないまま授業が進む=>つまずく、ということが起こります。

なので、学校でやらない「読む」「書く」の部分を個人で対応しておくのはとっても大事!

ぜひ、家庭で備えて、英語を得意科目にしたいですよね。

にじこ
にじこ

英語はやればできる教科!

受験で得意教科にしたいです!

そんな「読む」「書く」を身に着けるのに、通信教育が脚光を浴びるのだと思います。

英語の通信講座のメリット

  • スケジュールが組みやすい
  • 送迎がいらない
  • リーズナブルな価格設定
  • 国語や算数、理科、社会などの科目も一緒に勉強できる講座もある
  • 「読む」「書く」を身に着けやすい
  • カリキュラムがすでに用意してある
  • 気軽に始められる
  • 対人ではないので、プレッシャーがない

通信教育ですと、子供や保護者の都合の良い時間に、場所を選ばず学習できます。

自由度抜群です!

他の習い事があっても、すき間時間を有効活用できるみつけて学習できます。

また、なんといっても他と比べてリーズナブルな価格!通塾と比較するとずいぶんお手頃になります。

英語通信講座のデメリット

  • 勉強しなくても注意されないため、自ら進んで勉強しなくてはならない
  • 学習ペースなど親のサポートが必要な場合も
  • モチベーションが続きにくい
  • すぐに質問できないことが多い

通信講座の難しいところです。

長期にこつこつと学習する必要がありますが、通信教育は続けることが難しいですよね。モチベーションの維持が難しいです。

また、語学ですので、双方向が欲しいところ

こういったデメリットを対策している通信講座をぜひ選びましょう。

通信講座を選ぶポイント

以下の点から通信講座を選んでみてはいかがでしょうか。

  • 教材のタイプ
  • 興味を持って続けられそうか
  • 目的やレベルがあっているか
  • 料金
  • 「話す」機会があるか
  • フォニックスを教えてくれるか

ひとつずつ見ていきます。

教材のタイプは?

親世代と違って、今は「通信」といっても教材は紙だけではありません

小学生向けの英語教材は、

タブレット・テキスト・アプリなど、サービスによってさまざま。

・タブレット

・テキスト

・アプリ など

お子さんにはどのタイプがあうか、どう学習してほしいかなどを考えて、適した種類の教材を選びましょう。

タブレット教材

  • 〇持ち運びが便利
  • 〇音声や映像で直感的に学習できる
  • 〇ゲームなどを利用して飽きさせない工夫がある

紙の教材

  • 〇机に向かって取り組むため、家庭学習の習慣を身につけやすい
  • 〇「読む」「書く」がしっかり学べる

興味をもって続けられそうか

小学生が通信教育を続けるには、興味を持って楽しく学習できることが必須です。

通信講座は、やはり継続が難しい教材です。

各社、ゲーム要素があったり、カラフルな色遣いやイラストやキャラクターをつかっていたりあの手この手で子供が興味を持てるよう工夫を凝らしています。

お子さんの興味にあった教材を選びましょう。

目的やレベルがあっているか?

英語教材は子供の語学力に合っていることが重要です。

まったくの初心者と、すでに簡単な英会話ができるお子さんでは使いたい教材が違います。

また、何を目的にするかによっても選ぶ教材が変わります。なかには中学受験や英検対策に対応している教材もあります。英検を対策したいのなら英検の何級まで対応しているか、どの程度まで対策できるのかを確認するといいですよ。

料金

英語は短期でできるものではありません。なので、長く続けることを視野に入れて料金はチェックしましょう。タブレットなどにかかる初期費用や月額費用、オプション代など費用がどれくらいかかるかリサーチしましょう。

「話す」機会があるか

通信教育であってもオンラインで先生と話す機会がある講座もありますよ!

こういった変化球があるとお子さんもやる気が継続しそうですね。

フォニックスを教えてくれるかどうか

フォニックスを教えてくれるかどうかも一つのポイントになると思います。

英単語の読み方「フォニックス」は、英語を「読む」「書く」上でとっても役に立つのですが、学校ではほとんど教えてくれません。

フォニックスが身についていると初めて見る単語でも発音できるし、発音から推測して単語のスペルを書くことができるようにもなりますよ。

有名通信講座をの特徴を比べてみました

スマイルゼミ

注目

通常講座で国・算・理・社・プログラミングと一緒に英語が学習できます!さらに、オプション講座で「英語プレミアム」コースがあるので、発展的な学習もできます!

教材タイプ専用タブレット
対象小1~小6
興味への工夫
オンライン英会話×
フォニックス
月額2,980円(税込み3,278円~)

タブレット学習の教材ですが、ペンで「実際に書く」練習もできため、子どもにとって扱いやすい教材です。

有料オプション講座の「英語プレミアム」では、以下のコースがあります。

  • 「HOP」
  • 「STEP」
  • 「英検対策」

「HOP」と「STEP」コースは、幼児や小学生がゲーム感覚で楽しく英語を学べる仕組みが詰まっています。

さらに「STEP」ではフォニックスを学習することができます!

英語プレミアムは、途中からでも申し込めますので、まずは「英語プレミアムなし」で初めても良いと思います!

資料請求はこちら

Z会

注目

・紙、タブレットのコースがある

・小3~6年生では英語単科で申し込み可能

・小5,6年生は月1回のオンラインレッスンが可能

誰もが知るZ会です。Z会は通常のコースと、Asteriaという無学年の英語コースがあります。

通常のコースから紹介します。

教材タイプ専用タブレット/iPad
対象小1~小6
興味への工夫
オンライン英会話月1回(5,6年生)
フォニックス
月額1,2年4940円、
3~6年(英語のみ)1700円~

小学1、2年生と3~6年生とで料金体系がかわります。

1,2年生は3教科(国・算・経験)+英語+プログラミングがセットで1カ月あたり4,940円~、

小3~6年生では英語単科で申し込み可能で、1,700円~(学年によってちがう)になっています。小学3~6年の小学生コースでは、Z会オリジナル音声ペン「エブリスピーク」で紙教材をタッチして音声を聞きます。

ここがおすすめ!

・オンライン英会話レッスンが月1回あります(5・6年生本科英語受講者のみ)。料金を考えるととてもオトク!

・資料請求でもらえるZ会の無料お試し教材は大ボリュームでお得です。教材のダイジェスト版が入っています。

おためし教材で、

  • 教材の難易度
  • お子さんが気に入るか
  • 続けられそうか

を確認してみてください。

資料請求はこちら

Z会 Asteria 英語4技能講座

注目

・無学年のコースなので、小学生が中・高校生レベルの学習することもできる!

教材タイプ専用タブレット
対象小学校高学年(英検4級取得済みレベル)~高校生
興味への工夫
オンライン英会話〇月2回
フォニックス
月額2,992円~

Z会Asteria英語4技能講座は、Z会の通常講座とは別の英語に特化した講座。

無学年コースなので先取り学習が可能です。小学生が中学生・高校生レベルの英語を学習することもできますよ!英検4級取得済みレベル~英検準1級まで対応しています。

内容が難しくなっているので、どちらかというとより英語力をあげたい方向けだと思います。

ここがおすすめ!

・学年の枠にとらわれず、自分の実力にあったレベルの学習が可能

・添削指導は、多くのタブレット教材にあるような「機械任せ」ではなく、プロが行う

・ 丁寧なフィードバックがある

・月2回オンラインレッスンがあり、スピーキング練習ができる

資料請求はこちら

コナンゼミ

名探偵コナンゼミは、「まなびwith」をリニューアルする形で2021年4月から始まった、新しい小学館の通信教育です。

注目

・随所に子供が楽しむしかけがあります!

・遊びながらフォニックスを学習できます

みんな大好きコナンが教材になりました。

国語・算数・思考・複合・英語・ナゾトキがセットの講座です。(ナゾトキなしのプランもあります)

コナン達がワークブックでアドバイスやヒントを出して学習をナビゲートしてくれます。

英語以外でも、「思考力」「判断力」「表現力」の育成ができるほかの教科の充実もうれしいです。

教材タイプタブレット、PCなどで会員サイトにアクセス
1,2年生は紙テキストもあり
対象小1~小6
興味への工夫
オンライン英会話×
フォニックス
月額¥3,149(税込)~

1・2年生は、英語の歌や物語、手遊びを通じて英語に慣れ親しみます。歌を覚えたり、物語の会話を真似していくことで、「聞く力・話す力」が身に付け、テキストを通じて「読む・書く」を学習できます。無理なく「聞く」「話す」「読む」「書く」の基礎を養える内容になっています。

3年生以上は「スゴロクENGLISH」というWEB上のすごろく風ロールプレイングゲームで学習します。

ゲームで登場する英単語は900語。子どもたちは次々と課されるミッションをクリアすることに夢中になっているうちに、自然と英語を沢山発音し、聞くことができるように工夫されています。

ここがおすすめ!

・1か月から受講可能!

・ネットで体験版があるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

資料請求はこちら

MOCOMOCO ENGLiSH

MOCOMOCO ENGLiSHは、英語の学習方法の「シャドーイング」を使った英語教材です。

コメディアニメ動画を用いて、子供が勉強だと思わず、遊びながら英語を学べます。

注目
  • かわいいアニメーションで英単語やセンテンスを学ぶ
  • 日本語を使わない
  • 小学校の英語学習指導要領に準拠している
  • 月額1,980円
  • 無料お試し期間が1ヶ月間でしっかり試せる
  • 特待生は永年無料
教材タイプアニメ動画
1話10分程度の動画をみて学習
対象0~12才
興味への工夫
オンライン英会話×
フォニックス△シャドーイングにより発音を習得
月額¥1,980(税込)

モコモコイングリッシュ

通信講座を上手に利用したい

普段はオンライン英会話をしているので気づかなかったのですが、通信講座がこんなに進んでいるなんて!驚きました。通信講座といっても、タブレットなどを活用して、「英語の音」を学習する工夫がたくさんされているんですね。

また、復習がしやすく、何度でも聞ける、というのはメリットだな~と思いました。

英語は日々の積み重ねが大事。その点、通信講座は毎日少しずつ学習するように設計されていますから、英語に触れる頻度は格段に増します。

良い点がたくさんありますので、子どもの英語を伸ばすためのひとつの方法と検討してみてくださいね!